ふだんモテない34歳ブサメンのオレ。
結婚したいけど、出会いがなかった。

それで出会いを求めて街コンに行った。大勢で話すのが苦手でムリだった。

婚活パーティーに行った。若いイケメンに票をごっそり持っていかれた。

婚活アプリに登録した。アラフォーとしかマッチングしない。

「結婚できねえ」  孤独死が見えた。焦った。

そんなオレが20代女子にモテまくった方法

今では婚活無双しているオレだが、悩める同志のためにこの成功法を明かそう。

すべては戦う場所の問題だったのだ。

街コンやパーティー、アプリには多くの女性がいる。しかし同時にイケメンやハイスペも多い。

自分よりモテるライバルと比較され厳しい戦いを強いられる、いわばレッドオーシャンだ。

そのことに気づいたオレは、もっとライバルが弱い場所を探すことにした。

そしてついに見つけてしまったのだ。イケメンがいないブルーオーシャンを。

そこではライバルはアラフォー以降のおじさんばかりだ。 なのに、20代〜30前半の女性がわんさかいる。

34歳のオレですら、圧倒的に有利。
ブサメンでも問題なくモテる。

「そんな場所あるわけないだろう」と思われたかもしれない。
でも、すべては気づくかどうかの問題なのだ。

なぜ20代の若い女たちが”そこ”に登録しているのか?

保育士や看護師など、職業柄出会いがない女性は多い。我々と同じだ。

そして女性の多くは20代のうちに結婚したいと思っている。
30代ともなれば焦りはハンパない。

それで婚活を始める。
彼女たちも街コンやアプリを使ってみるが、次第に嫌気がさすようになる。チャラい男に遊ばれるからだ。

かくして、身元のちゃんとした男性との出会いを”そこ”で求め出す。
男にしてみれば、若い女性との出会いを量産できることになるわけだ。

34歳ブサメンでもモテにモテた”ライバル不在の場所”とは?

おそらく一度は聞いたことがあると思うけど、その実態を知る人は少ないだろう。

人によっては「恋愛市場で敗れた負け犬の行く場所」と思っているかもしれない。

そう。まさにここが肝心カナメ。ここにチャンスがあったのだ。
なぜなら、「負け犬の行く場所」にイケメンやハイスペは通常登録しないからである。

それが結婚相談所である。

結婚相談所に登録する男性は、街コンやパーティーで年齢対象外になりやすいアラフォー以上が中心になる。

一方で、アプリやパーティーで遊ばれるのにこりた若い女性は、ちゃんとした男性を求めて積極的に登録している。

  • 女性:20代後半〜30代前半が多い
  • 男性:アラフォー以上が多い

いわば”需給ギャップ”が発生している。

これなら34歳のブサメンでもモテてしまう、というわけだ。

どの結婚相談所がいいのか?


結婚相談所は大きく「仲人相談型」「データマッチング型」にわけられる。

■仲人相談型の例

  • パートナーエージェント
  • ゼクシィ縁結びカウンター
  • IBJメンバーズ

仲人さんがよさげな相手を選んで紹介してくれるのが仲人相談型だ。引き合わせの段取りまでしてくれるので、オクテな人でも安心だ。従来型のお見合いに近い。


■データマッチング型の例

  • オーネット
  • ツヴァイ
  • ノッツェ

データベースで検索してアプローチするのがデータマッチング型だ。ペアーズのような婚活アプリに近い。


おすすめはデータマッチング型。オレが実際に彼女をつくったのもこちらだ。

一言で言うと、仲人相談型は重い。

逆に、データマッチング型はかなり軽いw
誤解を恐れずに言えば「イケメンライバルのいない出会いアプリ」である。

ユーザー数が圧倒的に多い(=選択肢が多い)のもデータマッチング型である。

かなりオクテな人や、一刻もはやく結婚したい人には仲人相談型がいいかもしれない。
そうでなければデータマッチング型がいいだろう。料金も安い。

尚、細かい仕様やプランは会社によって異なる。
1社ずつ問い合わせるのは面倒なので、オレは結婚相談所の一括資料請求サービスを使って比較した。

大手の結婚相談所がほぼそろっているので便利だ。

始めるのは早いほど有利

もちろん若いほど有利だ。歳を重ねるほど不利になる。20代ならそれこそ無双できるだろう。

それに、今後、結婚相談所のおいしさが知れ渡り、ライバルが増えないとも限らない。

もし本気で彼女をつくり、最終的には結婚したいのであれば行動は早いほどいい。

マッチングしたからといって、結婚しなければいけないわけではない。
とりあえず付き合ってみて、合わなければ別れてもいい。仕方のないことだ。
女にも男にも、選択の権利はある。

でも始めるのが遅いほど選択肢は狭まる。
女性と出会わなかった「今日」を取り戻すことはできないからだ。

カイジの利根川先生は言いました。
「一生迷ってろ… そして失い続けるんだ。貴重なチャンスを…!」

気になる費用だが、月会費5,000円程度から始められる。これは婚活パーティーに1回行くより安い料金だ。

いきなり申し込む必要はない。
オレもまずは無料の資料請求をして、家でじっくりと比較検討した。
だからこそ、自分に適したサービスを選ぶことができた。

結果としてモテた。自分に自信もついた。
さあ、失った青春を取り戻そう。

尚、イケメンはどこでもモテるんだから、絶対に来ないでくれ。オレたちブサメンの最後の楽園を奪わないでほしい。

※追記

ついに30歳の女医と婚約が決まりました。ちょっとドライだけどいい女です。
応援してくれた方、本当にありがとうございました。